お菓子レシピサイト パニレピ

レシピ

白神こだま酵母ドライGで作るパン 新玉ねぎとツナのパン

白神こだま酵母ドライGで作るパン 新玉ねぎとツナのパン

材料

パウンド型 (65×175×45mm)2個分

(生地)
春よ恋 増田製粉(強力粉) 250g
砂糖 30g
塩 5g
バター(無塩) 45g
水 卵と合わせて170g
卵 1個 (うち大1ほど卵液用に取っておく)
バターミルクパウダー 7g
白神こだま酵母ドライG 3g

(フィリング)
ツナ缶 1缶
新玉ねぎ 小玉1/2個
マヨネーズ 大さじ1
塩 適宜
コショー 適宜

(仕上げ)
溶き卵 大さじ1
水 大1/2

主な使用器具

ホームベーカリー
スケッパー
ボウル
包丁
まな板
蓋付き容器
オーブン
濡れ布巾
ビニール袋
麺棒

刷毛
パウンド型

準備しておくこと

ツナと玉ねぎ調味料を入れ合わせておく。

作り方

  1. ホームベーカリーに生地の材料を全て入れ、1次発酵まで行う。

    新玉ねぎをスライスしておく。
    イラスト1
  2. 粉を振り、一度台にだし、生地を三つ折にして、蓋付き容器に入れ、野菜室で1時間生地を休ませる。
    イラスト1
  3. 粉を振り、生地を台に出し、ガスを抜く。2分割し、丸め、濡れ布巾を掛けベンチタイム15分。
    イラスト1
  4. 粉を振り、生地を麺棒でパウンド型の大きさにのばす。端をスケッパーで切り、ころころと伸ばし、縁を作る。
    イラスト1 イラスト2
  5. パウンド型に生地を入れ、縁の部分ものせて角をしっかりと付ける。全体をビニール袋で覆い暖かいところで二次発酵約1時間。(生地がふっくらとしたら発酵完了)
    イラスト1
  6. 具を余分な水分はきりながらのせる。オーブン210度で予熱。180度に下げ、溶き卵を縁に塗り25分ほど焼く。
    イラスト1 イラスト2

生地が少しやわらかめなので1次発酵後野菜室に入れて扱いやすくしました。